医薬品の個人輸入について

個人輸入には国が定めた規則があります。
定義は、個人(自分)が使用する医薬品を海外の店舗から購入する事を個人輸入と言い、医薬品の種類により数量が定められております。
・ビタミン剤は4ヵ月分まで
・医薬品は2ヶ月分まで
・要指示薬は1ヶ月分まで(使用にあたって医師の指示、処方が必要な医薬品)
日本では、要指示薬として医師の処方が義務付けられている医薬品でも海外ではドラッグストアやコンビニで売っていて誰でも容易に購入出来る医薬品は少なくありません。
その辺も先進国でありながら、日本の医薬品は世界標準でみると許認可が遅いと思います。